プロミス

プロミスの返済期日を変更したい場合について

プロミスでお金を借りた場合、当然ながら返済をしなければなりません。

 

プロミスでは、返済をしなければならない日として「返済期日」というものが設定されています。

 

なお、この返済日についてはプロミスから一意で決められるというものではなく、申し込んできた人の都合に合わせて設定することが可能なものとなっています。

 

返済期日として設定可能なのは毎月5日、15日、25日、末日の4つから選ぶことになりますので、たとえば給料日が25日なのであれば25日または末日を返済期日とする等の工夫をすることができます。

 

これにより、返済しやすい状態を構築することが可能なのですが、当然ながらその日がくれば返済しなければなりません。

 

返済期日が選べるということは、逆に言えば「その日であれば間違いなく返済できる」という日が選べるということでもありますので、都合の良い日を選んだ以上はその日に返済をする必要があります。

 

とはいえ、どんな場合でも問題なく返済ができるとは限りません。

 

そんな場合にはできるだけ早くプロミスに連絡を入れて返済期日を伸ばしてもらえるように相談してみると良いでしょう。

 

もちろん事情がプロミス側にちゃんと理解してもらえれば返済期日を伸ばしてもらうことは承諾してもらえます。

 

むしろ何も言わずに返済期日が過ぎてしまうことのほうがずっと問題ですよね。

 

また、転職などで給料日が変更になったりした場合にはプロミスへの返済期日そのものを変更するという方法がおすすめです。

 

これまで25日に給料が入ってきていたのに転職して給料日が10日に変更になってしまった場合では、25日に返済するのはあまり現実的とはいえませんね。

 

もちろんそういった場合でもプロミスに連絡をすることで変更することが可能です。

 

ただし、変更する日によっては現在借り入れている残高に対してある程度の精算をしなければならない可能性もあります。

 

プロミスでは利用する人の立場にたった様々なサービスが用意されていますので、自身にとって最適な方法を選びたいですね。

プロミスのキャッシングを賢く利用する方法は色々とあります。例えばポイントサービスに入会すれば初回借り入れの際には30日間無利息でキャッシングを利用できます。30日以内で完済すれば、利息を1円も支払わなくてよいので大変お得です。しかも完済して所定のポイントを貯めると再び無利息サービスを受けることができ...
続きを読む≫ 2014/09/19 22:21:19
とても返済できなくなった借金返済の債務整理の手続きの一つに自己破産があります。自己破産では借金額に関わらず返済能力のない人がご利用できます。100万円でも返済能力が無ければ自己破産が可能ですし、1000万円でも返済能力があれば自己破産が出来ないです。その他にも免責不許可事由に該当しない人が条件です。...
続きを読む≫ 2014/09/07 21:29:07